子どもたちに流暢な発音を。。。

preschool park time 公園へ行きます
preschool park time  公園へ行きます

子どもたちに流暢な発音を望むのであれば、ネイティブの人の口の動きを見させて、正しいアクセントと発音を学ばせる必要があります。小学生から英語を習い始めた子どもたちは特にです。残念ながら、小学生になると子どもたちの耳と口の筋肉は日本語仕様になってしまい、英語の発音を難しいと感じてしまうからです。 日本語のアクセントをなくすのも簡単にはいきません。

 

日本語がまだ影響を及ぼしていない時期であれば、子どもたちのリスニングスキルや理解力を伸ばすために、英語学習のDVDなども良いですが、 正しいアクセントや発音で話せるようになるには十分ではありません。子どもは、自分は正しい文章を言っていると思っているかもしれませんが、ネイティブからのフィードバックがなければ、確信は持てないでしょう。

 

英語の歌を聞くことも、「聞く」ことの助けにはなりますが、発音までは必ずしも役立つとは言えません。聞いている歌の言葉と正しい発音を教えてもらわなければ、それっぽい言葉に聞こえるような音を発したりしても、ネイティブが聞いて分かるかどうか確かではありません。親がカタカナ英語の発音を教えてしまったりすれば、更に悪影響です。

 

リーディングの教材もボキャブラリーやリスニングスキルを身に付けさせるためには有効です。ですが、先ほどの話と同様に、子どものアクセントと発音をネイティブに正しく直してもらわなければ、ネイティブの人の口の動きを見て適切に発音することはできませんし、同じ間違いをし続けてしまうでしょう。

子どもたちが声に出して読んでいく教材で有名なものがありますが、それも、読んでいる時に正しく直してもらわなければ、効果があるとは言えません。集団で、教科もレベルもバラバラな中では、正しく直してあげることはほぼ不可能です。

 

有名なラジオの英語講座で学習している人もたくさん知っていますが、その方たちのリスニングスキルはいいとしても、発音は大抵の場合、良いとは言えないものです。中学生の男の子でそのラジオ講座を学習している子がいるのですが、朝のコーヒータイムにももう4年も来てくれていて、発音とアクセントが上達してきています。でもそれは、彼自身も努力しているし、私もコーヒータイムで

彼の発音を正しく直してきているからです。もしそのラジオ講座だけだったら、このように上達することはなかったと思います。彼は、小学5年生の時から通い続けてくれていますが、マンツーマンでずっとやってきたからこそ、このように上達していったと思います。非常に恵まれた環境だと思います。一クラス35人ぐらいの中で週一回だけの授業だったら、おそらく不可能だったでしょう。

 

しかし、この男の子の例からも分かることですが、上達は見られても、赤ちゃんの頃から始めた子と比べると、かなりの努力が必要になると思います。赤ちゃんの時から英語を聞き始めた子は、外国語の音に耳が慣れているし、ネイティブの先生が歌ったり教えている時の口の動きも見ているので、1歳~1歳半ぐらいになった時に、聞いた言葉を話し始めることができるようになります。このように早くから始めると、小学生になる頃までに子どもたちは英語の音、特にRの音を聞くことができるようになり、口の筋肉や舌も英語の音仕様になっていきます。


Little Lorikeets では、baby のクラスがありますが  (胎児のうちでも英語に触れていると言語の発達に大きな効果があることが分かっているので、今年度から妊娠中の女性も受講対象
となりました) 、ボキャブラリーや歌、使えるフレーズなど、徐々に取り入れていき、この言語形成の上で重要な時期にたくさんの英語に触れる機会を提供しています。そして、適切な段階でリーディングも取り入れていき、ボキャブラリーと音を段々増やすようにしています。小学校6年生まで当スクールに通い続けてくれたなら、読みの力はかなりのレベルにまで伸び、リスニングは驚くべきレベルに到達するでしょう。リスニングにおいては、中学校のテストでリスニングの配点が高くなっているようですので、大切だと改めて思います。先ほどの中学3年生の男の子ですが、英語の試験で高得点を取ったようです。中でも、リスニングは満点だったと聞いています。


このことから、また別の視点になりますが、子どもたちは一人一人それぞれに学ぶ可能性を持っていますが、スクールの園長として私は量よりも質を追求しなければならない立場にあります。ですので、今年度以降、 baby,  happy toddler そして munchkin のレベルの子どもたちのみを入会対象とさせて頂きたいと思います。当スクールを設立した時、趣味や習い事の一環ではなく、英語に対して真剣な人たちのことを考えてスタートさせました。嬉しいことに、英語の大切さを実感してスクールに通い続けてくれている人たちがたくさんいます。そして、結果として、皆さん大きな効果に気付かれています。

preschool park time ヒル キャメロンより

 

 

Children wanting to be and sound fluent need to see a native person's mouth to get their accent and pronunciation correct. Especially children who are starting English from primary school. Unfortunately their ears and mouth muscles are already set for the Japanese language so they will find English difficult to pronounce . which makes it difficult to overcome the Japanese accent.

 

Products like DVD series that are used to teach English are great for the child's listening ability and understanding especially if they have no Japanese mixed in, but doesn't necessarily help the child speak with a correct accent or pronunciation. The child thinks they are saying the sentence correctly but without the feedback from a native they can't be sure.

 

Listening to English songs, again helps the hearing but not necessarily the pronunciation, unless they have been taught the song's words and correct pronunciation they usually sing along haphazardly just making sounds that seem similar to the words of the song but aren't necessarily recognizable to a native listening to them. Even worse is if the parents teach them the words but with a katakana accent.

 

Reading programs are good for vocabulary and listening if they have that component, but again unless the child's accent and pronunciation are corrected by a native and the child can see the native teachers mouth so that they can make the sound properly, they will just go along making the same mistakes.

One famous system where the kids are made to read their materials out loud works, but only if the pronunciation is being corrected at the time, and in a big group of different subjects and levels all speaking at the same time correction is almost impossible.

 

There is a famous radio program that teaches English, and I've met plenty of people who use it, their listening skills are good but their pronunciation is usually terrible. One junior high school boy who's been doing that course and coming to my early morning coffee time for the last four years has improved his pronunciation and accent considerably, but only thanks to his own hard work in coffee time where I have been correcting his pronunciation. If he was left to that program only I don't think he would have improved. He was in his 5th year at primary school when he started, this improvement comes from an almost man to man approach that's he's been lucky to participate in. If he was in a class of 35, being taught once a week only, it would have been impossible.

 

But through this boy's example I see progress can be made but it's hard work compared with starting as a baby, who will be hearing English and getting their ears use to foreign sounds, seeing the native teacher's mouth movements while they the teachers are teaching or singing, and then when the forementioned child is around one and a half years old they can start to speak these words themselves. Starting out this way, by the time they get to primary school age their ears are able to hear the English sounds particularly the “R” sounds and their mouth muscles and tongue are used to forming the English sounds.

 

At Little Lorikeets we start from baby classes ( from this year we are accepting pregnant ladies into the class as well, because we have seen that even being exposed to English while in the womb seems to make an even bigger difference in language development) and work up slowly introducing vocabulary and songs, useful phrases, allowing them to see lots of English words during those formative stages then at the right developmental stages we introduce graded reading where each story increases in vocabulary and phonic sounds. If the child continues with us into their primary school final years they will be well versed in English with the ability to read, their listening skills will be phenomenal, which is important; I have heard that English exams at junior high are increasing their listening components. Recently that third grade junior high student got a very high mark but in his listening component he got 100%.

This leads me to another point, I realise that every child has the potential to learn but as a school principal I have to aim at quality and not quantity that's why from this year onwards we will only be accepting students at the baby, happy toddler and munchkin levels. When I made this school I really wanted people who were serious about English and didn't treat it as a hobby or extracurricular activity. Fortunately we are meeting a lot of parents who are realising English is important and are continuing with us and as a result they are seeing great results.

Cameron Hill School principal

 

Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Instagram
Little Lorikeets Instagram