切り替えには時間が必要

使わなければ失ってしまう

切り替えには時間が必要

 

この数年間で私が気付いたことですが、日本語から英語へ切り替える際には時間がかかります。子ども達は日中ずっと日本語で生活している環境にいて、突然英語を使うことを求められます。この切り替えが素早く行える場合もありますが、時には時間がかかります。でも、やっと英語を話すモードになったと思ったら、もう帰宅しなければならなくなり、日本語オンリーの環境へ戻ってしまいます。この点が、スタートは早いほうがいいと私が思う主な理由の一つです。その背景として以下の点が挙げられます。

 

  • 子ども達の脳はより適応力があり、多くの情報を速く吸収できる。
  • 小さい時のほうが、英語で過ごす時間を多く持つことができる。小学校、習い事(スポーツや音楽など)を気にする必要がない。
  • 小さいうちは、十代の子ども達がいずれ得る自意識(自分と他人を区別する意識、これが芽生えることによって周りが気になる傾向が強くなる)がまだない。

 

もう一つの重要な点は、早くにスタートしても続けなければもったいないということです。5歳まで英語をずっと習っていた子ども達をみていたことがあるのですが、小学校に入ってからもう一度英語を始めようとしたところ、ほとんど全部忘れてしまっていて、覚えていた単語と言えば「パンダ」や「ブロッコリー」など日本語でも共通で使われているものだけでした。使わなければ忘れてしまうのです。

 

しかし、小さい頃に英語で多くの時間を過ごした子ども達は、容易に単語を思い出すことができるということにも気付きました。

何歳で子ども達の頭に英語がロックされて忘れにくくなるのか、正確な年齢は分かりません。(おそらく小学校六年生か中学生辺りだと思います) しかし、これも、どれだけの時間を英語で過ごすかによると思います。

 

英語ネイティブの子ども達が毎日英語で過ごす一方で、日本人の子ども達の平均的な英語時間は週一回50分、一年でたった44時間です。このペースでは、流暢に話せるレベルになるのは難しいでしょう。ですから、「一年でたった44時間しかないから、単語や文章をたくさん学ばなければ」という考えは無意味なのです。それよりも、ゆっくりしたペースで学び、英語を使うことに自信を得るほうが、結果が出てきます。

 

Little Lorikeets では、上記の理由から、英語で過ごす時間を少しでも多く持てるように、子ども達のためにたくさんの機会を提供しています。

今年度から、小学生の子ども達対象に、インテンシブなクラスを導入します。今の小学生達にとって、そして、数年後に小学生になる子ども達にとっても、このような機会が必要だと思うからです。

しかし、このクラスは、Little Lorikeets に長く通ってくれている子ども達のみを対象にしたいと考えています。理由は、過去に他のスクールから移って来たなどで、全く、あるいはあまり英語を使えなかった子ども達がいたのですが、当校の英語オンリーの環境に慣れるのが大変だったからです。

今までに英語を習っていた経験があり、当スクールに変更を希望される場合は、英語オンリーの環境に溶け込めるかどうか、面談と体験レッスンを受けて頂いてから判断したいと思います。「英語オンリー」とは、講師だけが英語を話すということではありません。生徒達も、です。日本語で自分や他の子に話すことはルール違反ですので、直ちに止めさせます。態度を変えられない生徒は、受け入れることはできません。

この記事から覚えて頂きたい点は次の三点です。

  • 早ければ早いほうがいい。
  • 多くの時間を過ごすほうがいい。
  • 使わなければ失ってしまう。

ヒル キャメロン 教室のオーナー           翻訳者 北村 敦子

Use it or lose it, transition time needed

 

One thing I have are noticed over the years is the time it takes to switch from Japanese to English.  Of course the kids come in from speaking Japanese all day and all of  a sudden are expected to use English. Maybe the switch happens fast sometimes it can take a long time, but finally when they are in the English speaking mode they have to go home and back into a Japanese only environment .

This is one of the main reasons I believe starting younger is better, some of these reasons are:

  • Firstly their brain is more adaptive, and can absorb lots of information fast..
  • When they are younger they have a lot more time to spend in English,  they don't have the responsibility such as primary school yet or sports teams or musical lessons etcetera.
  • When they are young they don't have the self consciousness that comes when they reach their teens.

But on another note just learning young and not continuing is a waste too,  I have seen kids who have learnt English until 5yrs old then they went to primary school, but then have decided to come back and get into English again but they have forgotten almost everything only remembering the words that are commonly used within Japan  I.e panda,  broccoli etc… if it's not used it's forgotten.

I Have noticed though that the kids who have spent a lot more time in English while they were younger are able to recall the words easily.

I don't know the exact age that English is locked in to the child's mind and is hard to forget (maybe around  6th grade of primary school or junior high) but again that depends on the amount of time they spent in English.  

Children that are native in English spend every day in English whereas the average Japanese student spends 50 minutes a week  so that's only 44 hours a year,  it will be hard to gain proficiency at that rate.  This is why learning lots and lots of words or sentences “because we only have 44 hours a year “ is pointless, but learning at a slow pace and gaining confidence in the use of that English will get results.

This is why at Little Lorikeets we offer lots of opportunities to spend time in English for the younger members and from this year we are introducing, time intensive classes for primary school students because we see that the students now need more and we are planning for the  future members that will be at primary school in the next few years,  but we only accept members that have been in our system for a long time,  members with no or little English abilities, joining from outside of the school in the past have had troubles adapting to an English only environment.  Children who have learnt English and want to change schools we accept only after interviews and a trial lesson to see if they can integrate into a English only environment. English only doesn't only mean the teachers speaking only English it means the  students too ,  speaking to themselves or other students  in Japanese is against the rules and is stopped promptly.  If the student can not alter their behaviour they are not accepted.

So three points I want everyone to take away from this article is

  • The younger the better.
  • The more time in the environment the better.
  • If you don't use it you lose it.

Cameron Hill

 

英語の教室、インターナショナルスクール

Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Instagram
Little Lorikeets Instagram