同じ表現を何度も繰り返す

ネイティブではないので、四六時中英語で話すのはまず無理です(笑)。でも一日のうち、この時間だけは、この状況の時だけは、と決めて毎日少しずつでも続けています。

例えば、お風呂に入っている間は必ず英語で話す、「これは何かな?」「~はどこかな?」などの問いかけは必ず英語で言う、等々。

表現の種類が少なくても続けることが大事だと思います。いつも決まって言う(子どもからすると「聞く」)ことは、聞く側の子どもが自然に吸収して定着していくだけでなく、発する側もそれが自然になるからです。

キャメロン先生がいつも言っている、この「繰り返し」が本当に大切で、かつ効力があることを日々実感します。

そして英語での問いかけも、子どもが問われた意味を考えて行動に移すからか、反応が出やすいように思います。例えば、娘に「where is◯◯?」と尋ねると、言葉ではまだ返答できませんが、問われた物を指差したり持って来てくれたりします。「What's this?」と尋ねると、日本語だけれど(笑)答えてくれます。言葉のアウトプットはなかなかまだ難しいですが、行動で正しく反応が見られているので今後が益々楽しみです。 (北村敦子)

 

Yes  this is a very important idea that I always give suggestions on, in the Babyland and Happy Toddler classes with the mums.

You have to do all that you can, because Japanese is soo strong.

So having set phrases and times to use English is essential.

If you make it a habit then every thing after that gets easier.


Cameron    英語教室のオーナー、池田市

Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Instagram
Little Lorikeets Instagram