失敗すること、知らないことを知りたいと思うことが、学びに繋がるのです

munchkin time
munchkin time

当スクールのコーヒータイムでお母さん方と話していたのですが、「(自分の)子どもたちはクラスはとても楽しんでいるけれど、英語なので言われていること全部は理解していない」、と言っていました。これは私からすれば「good」なのですが。言われていること全てを分かってしまったら、英語を習いに来る必要はないし、日本語で説明されて理解するようであれば必ずしもその言語を習う必要はないのではないでしょうか。

 

もし全てお膳立てされてしまったら、何も学べません。失敗すること、知らないことを知りたいと思うことが、学びに繋がるのです。

 

これは、私自身の日本語を学んだ経験から分かったことです。とあるお店に行った時、英語の助けが一切なく、私にできることはとにかく聞いて考えることだけでした。このプロセスを経て、周りが言っていること(その場で生で聞いていた言葉です)を覚えるようになり、使えるようになりました。

 

英語を完璧に習得するとか、完璧に使えるようになるという話ではありません。それは不可能です。しかし、日本の親御さんの中には、そこまでを期待される方もいます。どんな言語であっても、言語を習うことは経験です。子どもたちの力によりますし、時間がかかり、かつ個人的なものでもあります。

 

英語でどうやって質問するか、どうやって尋ねるかが重要です。一旦基礎が出来上がると、それを通して、子どもたちは自分で英語を学んでいくようになります。

 

次に大事なのは発音です。いいアクセントを習得することが大切です。ですから、大きな声でたくさん英語を言うこと、そしてネイティブに正しく直してもらうことはとても重要です。特に小学校に入るまでが大切です。小学校に入るとカタカナを習い始め、カタカナで書かれた英語の影響でいわゆる日本語的な発音になってしまうからです。

 

そして残念なことに、小学校に上がる頃までには、子どもたちの柔軟性も低下していってしまいます。間違った発音を正しく直すことが本当に難しくなってしまうのです。

 

次に大事なのは「読み」です。英単語や文章を読むことができると、学ぶ上で基盤となる仕組みを身につけやすくなります。段階的な「読み」は、フォニックスや単語の認識と同様に、当スクールが取り入れている大切な学習スタイルでもあります。

 

もちろん、子どもたちが興味を抱かなければこれらは全く意味がありません。ですから、英語を楽しいものにすること、達成できるようにすることも大切です。

 

ここで私がお伝えしたかった主なポイントは、子どもたちも親御さんたちも、失敗することを心配しなくてもいいという点であって、リトルロリキートでの教え方もそれに準じています。いつも正しくないといけない、というのはストレスであるし、不必要なことです。日本の英語の学習環境も、こういったことを受け入れていかなければならないと思います。

                                             ヒル キャメロン

 

I was talking to some mums of the school at Coffee Time and they were saying that their kids enjoyed the classes but didn't understand everything thing that is said because it's in English,  to which i said good. If they understood everything that was said they wouldn't have to come for English lessons on another note if they understood everything because it was all explained in Japanese they wouldn't necessarily be learning a language that they can use.

If you get everything served up for you, you will never learn.  You  learn from making mistakes and from wanting to know the unknown.

I personally know this from my Japanese,  I walk into a store with no English help at all and all I can do is listen and think.  Through this process I remember what they say (which is a live language) and can start to use it.

It's not about learning English to perfection and being able to use it perfectly, that's impossible. But some Japanese parents seem to expect that. Learning any language is an experience,  it's slow and personal depending on the child's abilities.  

Learning how to ask questions and enquire about things in English is important,  from this children can start learning English by themselves once they have a foundation.

Next is pronunciation, getting a nice accent is important.  So saying lots of English out loud and being corrected by a native speaker is of utmost importance.  Especially before they start primary school,  once they have entered  school they start learning katakana, and all the English that is written in katakana which leads to the notorious Japanese-English accents.

And unfortunately the child's mind is getting less flexible by then, so correcting the wrong pronunciation is soo much harder.

Next is reading, being able to read English words and sentences helps the children gain  structure  to base their learning on, graduated reading is an important style that we incorporate into our school as well as phonics a word recognition.

Of course all of this is of no use unless the child is interested, so making English fun and approachable is also important.

The main point that I want to make about this is that the children and parents shouldn’t worry about making mistakes and this is how we teach at Little Lorikeets. Having to be right all the time is stressful and unnecessary and the English learning community in Japan have to come to terms with that.

                           Cameron Hill 英語教室オーナー

 

Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Instagram
Little Lorikeets Instagram