フォニックス Phonics

phonics

A Very Important component for non native English speakers to learn how to pronounce English words correctly. And a great way of getting children(こども)reading long English words. leading to them being a well rounded Bilingual (バイリンガル)

言語学としての音声学 [編集]

言語学では、言語の音声化に関する事項を中心に研究する。
音声言語は文字言語に先行する、より基本的なものであるとみなされている。音韻論が個別言語ごとに言語音の機能的構造(体系)や音韻規則などを研究するのに対し、音声学は物理的実在である言語音声そのものを研究対象とする。
音韻論で抽出した有限の音素 (phoneme) はスラッシュ / / の間に入れて音韻表記するが、音声学における物理的な異音 (allophone) はIPAを始めとした音声記号を角括弧 [ ] で囲んで単音表記する。
IPAは、言語音の区別の研究が進んだり、新たな言語音が発見されたり、またより精度の高い表記を目指すに伴って、たびたび更新されている。
例:「ホワイト」
英語表記:white
音韻表記:/hwayt/ または /hwīt/
単音表記:[ʍaɪt]
音声記号は、IPAの他にも、カナダ式IPA、スウェーデン式IPAなどの異種がある。記号にも英語固有の発音記号、ウラル語学や印欧語学固有の記号、日本語固有の発音記号(「フ」の子音の / f /・[ɸ] など)[要出典]などが考案されてきた。
音声学は 1) 発音、2) 空気振動による伝播、3) 聴き取り、という観点から、調音音声学、音響音声学、聴覚音声学の三部野に分けられる研究されている。調音音声学は19世紀末から発達し[1]、音韻の研究や文字の発展にも大きな影響を及ぼしている。(WIKIPEDIA)

Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Instagram
Little Lorikeets Instagram