Members' Voices レビュー

娘が7ヶ月の時からお世話になり、4年2ヶ月

View this post on Instagram

レビュー 娘が7ヶ月の時からお世話になり、4年2ヶ月。途中で池田市から引っ越した事もあり、成長と共に通学が難しくなりいつかは通えなくなるんだろうなぁと思いながらとうとうその時が来てしまいました。 当初はお座りくらいしかできなかった娘と外出して同年代くらいの赤ちゃんやお母さんとお話しできたら…しかも英語が習えたら…というくらいの軽い気持ちで通わせていただいていました。 夫婦共に英語は習ったけど話せない…。少しでも英語に慣れて将来娘が英語で困らなければいいなと思っていましたが、キャメロン先生をはじめロリキートの先生達は本気で英語を教えてくださいました。 おかげで親の英語教育に対するモチベーションも高くなり、英語に関してロリキートの先生を信頼して全てお任せしていました。 通わせれば通わせるほど、家で娘の口から英語が出てくるようになりました。 ロリキートに出会っていなければ絶対に娘の今の英語力はなかったし親も英語教育にここまで熱心になっていなかったと思います。 少し遠方になり通える日数が少なかったのがすごく残念ですが、約4年間ロリキートで英語を教えてもらい本当によかったなと感謝しています。 遠方でなければ迷わず続けていたので、もし娘がずっと通っていたらどこまで英語力がついたのかなと思うと辞めるのが凄く残念です。 毎日、しかも長時間学べる英語教室は近所では無くロリキートで英語を学べたのは本当に恵まれていたなと思っています。 これからは英語に触れる機会は確実に減りますが、ロリキートで教えていただいた事を無駄にしないように今後も娘には楽しく英語を続けていってくれたらなと思っています。 最後になりましたが娘にとってロリキートの先生は親の次に長く一緒に過ごした人で、イヤイヤ期など親の言うことは全然聞かないのにいつの間にか鉛筆の正しい持ち方や塗り絵、いろんな遊びなど気づけば英語以外にも沢山の事を教えていただき子育ても助けていただいたなと感謝しています。 #レビュー #kindergarten #internationalschool #インターナショナル幼稚園 #インターナショナル保育園 #池田市 #箕面市 #豊中市 #川西市 #伊丹市 #バイリンガール #英語 #フランス語 #楽器遊び #粘土遊び #クラフト #遠足 #発表会 #算数 #留学 #公園遊び #給食 #幼稚園給食 #英会話

A post shared by Little Lorikeets (@little_lorikeets) on

Read More

小学3年生から英語の授業が必須になると聞きました

View this post on Instagram

レビュー 小学3年生から英語の授業が必須になると聞きました。私を含め家族は誰も英語をうまく使えません。だからこそ未来のある娘には英語が必要だと思いました。また、2歳頃には発する言葉がとても増え、毎日新しい言葉を使って嬉しそうに話す娘のことを覚えています。このタイミングで英語をたくさん聞けば英語の上達が早いのでは!!と思いこれが一番の入園のきっかけでした。(親御さんの中にはお腹にいる時からあるいは0、1歳から通わせている方が多いと知り、私ももう少し早くからロリキートへ通わせてあげられていたらスムーズに英語力親子で身に付けて行けたのではと残念に思うこともあります。) なぜかというと、英語をうまく聞き取れない、使えないの英語力中学生以下の親の私はロリキートのドアを開ければ『ノージャパニーズ』の壁がかなり高かったです(笑)。今でもネイティブの発音の先生の英語を聞き取れずスマートにコミュニケーションが取れず、恥ずかしいことが多々あります(笑)。が、なんとか親の私も頑張っています!! 娘は初めの方は英語の歌やダンスを楽しみに通っていましたが、英語の世界を知れば知るほど、うまく対応出来ずにいたのでしょうか、登園拒否の「イヤイヤ」がひどくなる時期が何度もありました。前日から『明日は英語?イヤ〜!!』と泣いて訴え、その様子を見かねてかわいそうで本気で辞めようと思ったこともありました。 でも、先生がしっかりと私の話を聞いて下さり私の背中を押して下さったので、娘も頑張っている。私も頑張ろうと辞めずに今があります。 ずっと一人で友達の遊びを見て傍観遊びをしていた頃とは違い、 今では自分から(短い英語かも知れませんが)先生に話しかけに行ったり、友達の輪にも入れるようになったと先生から聞いてあの時辞めずに良かったと思います。 【ロリキートの先生3人を独断で紹介します】 それぞれに個性がある先生たちで子どもたちのことを本当に愛してくれています。園長のキャメロン先生はネイティブ英語を子どもたち全員に習得してもらおうと時に厳しくノージャパニーズで熱血に指導してくれます。ネイティブな本場のストレートな表現に親が泣きそうになりますがそれは私が(奥ゆかしい)日本人だから慣れればこっちのものです(笑)。 ロリキートの先生達はとても子どもたちに慕われ、娘はロリキートの先生達が大好きです。母子分離で泣いている時はいつも子どもたちを優しく抱っこしてくれています。 yoko先生は唯一日本人の先生できめ細かく報告、連絡、相談などを取り合うロリキートで無くてはならない人です。安心して日本語を話すことが出来るのも嬉しいです。 以上、ロリキートへ安心して通わすことができ信頼できるスクールと私は思っています。 #レビュー #kindergarten #internationalschool #インターナショナル幼稚園 #インターナショナル保育園 #池田市 #箕面市 #豊中市 #川西市 #伊丹市 #バイリンガール #英語 #フランス語 #楽器遊び #粘土遊び #クラフト #遠足 #発表会 #算数 #留学 #公園遊び #給食 #幼稚園給食 #英会話

A post shared by Little Lorikeets (@little_lorikeets) on

Read More

イヤイヤの時期も乗り越えて

Read More

レビュー Testimonial 5th February

Watching an English program
Watching an English program

"LittleLorikeetsに出会って…"

 

私の英語の練習相手になってもらえたらなぁ〜…というくらいの気持ちでこのスクールを見つけ通わせることになり約2年、通わせている中で感じたこのスクールの"良さ"と感謝の気持ちを書きたいと思います。

英語力が身についたことはもちろんなので、それ以外のことから。

  2歳2ヶ月の頃から通い始め、2歳半くらいの頃からイヤイヤ期真っ盛りになった我が子。一緒に過ごす時間が少ししんどくなり、翌月から週2→週3に変更したいと決めたのは月末。急な申し出にも関わらず快く応じて下さったおかげで、すごく気持ちが楽になったことは忘れられないですし、本当に有り難かったです。

また、集団生活でのマナーやルールも、ほとんどロリキートで身につけてくれたように思います。

この点に関してはロリキートに通わせていたおかげで、本当にだいぶ楽をさせてもらえました。また教室内には歳の違う子供達がいるので、下の子を思いやる優しさなども周りのお友達から学んでいったんじゃないかと思います。

  そして、本題(!?)の英語力についてですが、子供の2年間の成長は本当に驚きます。2年が経とうとする今、

・"I want to open the door!" というフレーズを1回教えただけで、ちゃんとすぐにリピートできました。

・セサミストリートの英語の歌を何度も聞いているうちに覚えていき、その歌っているフレーズが歌詞通り!

・"See you next time coming Lorikeets"と友達にバイバイする時に急に言い出したり。。(単語の数とともに、next timeの後ろにくる動詞をingの形にしていること、それが自然にできてることにビックリ)

 

そして、英語力という点において、他のインターナショナルスクールとのことでですが……

ロリキートに通わせて1年が経つ頃、五月山公園で、大きなインターナショナルスクールの子供達(4,5歳くらいの子達)や先生と遭遇。

子供達は日本語で話をし、付き添いの日本人の人も日本語。

外国人の先生以外、ほとんど英語を使っていなかった場面に出会いました。

しばらく様子を見ていたのですが、確実に当時3歳だった我が子の方が、英語力あるなと感じました。

そのスクールはロリキートに決める前に候補で考えていた学校だったのですが、心の底からロリキートに決めて良かったと感じました。

大きなスクールではないからこそ、徹底した英語環境、そして子供達の成長を見守ってもらえているなと感じています。

Read More

レビューTestimonial 19th Jan

おもちゃと遊ぶ
Playing with the toys

小学3年生から英語の授業が必須になると聞きました。私を含め家族は誰も英語をうまく使えません。だからこそ未来のある娘には英語が必要だと思いました。また、2歳頃には発する言葉がとても増え、毎日新しい言葉を使って嬉しそうに話す娘のことを覚えています。このタイミングで英語をたくさん聞けば英語の上達が早いのでは!!と思いこれが一番の入園のきっかけでした。(親御さんの中にはお腹にいる時からあるいは0、1歳から通わせている方が多いと知り、私ももう少し早くからロリキートへ通わせてあげられていたらスムーズに英語力親子で身に付けて行けたのではと残念に思うこともあります。)

なぜかというと、英語をうまく聞き取れない、使えないの英語力中学生以下の親の私はロリキートのドアを開ければ『ノージャパニーズ』の壁がかなり高かったです(笑)。今でもネイティブの発音の先生の英語を聞き取れずスマートにコミュニケーションが取れず、恥ずかしいことが多々あります(笑)。が、なんとか親の私も頑張っています!!

娘は初めの方は英語の歌やダンスを楽しみに通っていましたが、英語の世界を知れば知るほど、うまく対応出来ずにいたのでしょうか、登園拒否の「イヤイヤ」がひどくなる時期が何度もありました。前日から『明日は英語?イヤ〜!!』と泣いて訴え、その様子を見かねてかわいそうで本気で辞めようと思ったこともありました。

でも、先生がしっかりと私の話を聞いて下さり私の背中を押して下さったので、娘も頑張っている。私も頑張ろうと辞めずに今があります。

ずっと一人で友達の遊びを見て傍観遊びをしていた頃とは違い、

今では自分から(短い英語かも知れませんが)先生に話しかけに行ったり、友達の輪にも入れるようになったと先生から聞いてあの時辞めずに良かったと思います。

【ロリキートの先生3人を独断で紹介します】

それぞれに個性がある先生たちで子どもたちのことを本当に愛してくれています。園長のキャメロン先生はネイティブ英語を子どもたち全員に習得してもらおうと時に厳しくノージャパニーズで熱血に指導してくれます。ネイティブな本場のストレートな表現に親が泣きそうになりますがそれは私が(奥ゆかしい)日本人だから慣れればこっちのものです(笑)。

コリン先生はとても子どもたちに慕われ、娘はコリン先生が大好きです。母子分離で泣いている時はいつも子どもたちを優しく抱っこしてくれています。とてもシャイな性格でロリキートの子どもたちからは絶大な人気があります。

yoko先生は唯一日本人の先生できめ細かく報告、連絡、相談などを取り合うロリキートで無くてはならない人です。安心して日本語を話すことが出来るのも嬉しいです。

以上、ロリキートへ安心して通わすことができ信頼できるスクールと私は思っています。

Read More

私は子供が生後6ヶ月の頃から1歳10ヶ月まで

私は子供が生後6ヶ月の頃から1歳10ヶ月までベビーのクラスからこちらの学校に通わせてもらっていました。現在は出産のため学校をお休みしています。

ネイティブの英語は生後10ヶ月までに聞かせるといいですよというチラシを見たのがきっかけで、子供のために通い始めたこちらの学校では、コーヒータイムという時間があり、ベビーのクラス以外にこちらにも多い時には週2日通わせてもらいました。

そこではキャメロン先生や他の親御さんと英語と楽しく会話ができ、日々の育児の苦労を聞いてもらったり、育児経験の豊富なキャメロン先生からアドバイスをもらうとても貴重な時間となり、家で引きこもりがちだった私の日々の楽しみとなっていました!

(私の場合はカタコト英語ですが、、、熱心にキャメロン先生が聞いてくださいました!)

また、毎日子育てや家事のみの日々ですが、英語のリスニングやスピーキングに苦手意識のある私の、『自分のためのスキルアップ』という時間を持つことにより、日々の生活が充実するものとなりました。

また、池田市に来て間もない私に、育児について語り合えるお友達と知り合えたことというのも、こちらの学校のおかげだと思っています。

そのような、子供のためと言いつつも、私にもたくさんメリットのある学校ですが、1歳半以降、子供にも変化が見られるようになってきました。

レッスン中に習う歌を、まだみんなと同じように発音はできないけれど、『ララララ〜〜』と一緒に歌ったり、ダンスを上手に真似をしてみたり、成長を次第に感じるようになり、

2歳前の今では、お家でも、

食べ物をもっと欲しい時は「モア」、

開けて欲しい時は「オープン」、

発音はまだ未熟ですが、もう一度何かをやって欲しい時には「ワンモアタイム」

物を渡す時には

Here you are.の語尾だけですが、簡単な単語を言うようになっています。

また、学校で習うダンスが大好きで、お家でもその音楽を鳴らしてくれと催促することがよくあります。

私よりもよくダンスを覚えていて子供の成長を感じると同時に、学校でも楽しくダンスをしている姿がとても可愛らしく、音楽や遊びを英語のレッスンと結びつけてあるプログラムにより、日常に英語を取り入れやすいなぁと感じています。

子供が楽しんでくれている、そして私にもリフレッシュの時間を与えてくれるリトルロリキートに、また産後も、通えたらなぁと思っています(^^)Y.I

Read More

娘に英単語を習う日がくるなんて

Read More

僕は、小5の時からカフェタイムに通って

僕は、小5の時からカフェタイムに通っている中学2年生です。
週1~2回の30分間だけだけれど、僕にとってとてもためになっています。
キャメロン先生は、全く英語のわからない僕にどんどんしゃべりかけてくれます。
最初は全く理解できなかったけれど、少しずつわかるようになってきました。
中学生になって学校で英語が始まり、キャメロン先生の話す言葉がどんどんわかるようになってきました
学校の授業でも、リスニングがよくわかるし、英語の時間が楽しいです。
僕は今、しゃべることを頑張っています。
英語でしゃべることはとても難しいけれど、絶対にしゃべれるようになりたいから、頑張ります。
T君より
Hallo,
I am learning English for three years in the Coffee Time Class since fifth grade of elementary school.
The class is just for thirty minutes, twice a week.
But this is a very important time for me.
I cannot understand English well, but Cameron talks to me a lot.
At first I could not understand him, but I gradually became to understand.
After I started to learn English in a junior high school,I became to understand Cameron well.
Now I am really understanding listening class at Chugaku and enjoying it.
I'm really trying hard to speak English.
It is tough, but I will continue the effort to be a good English speaker in the future.
T君より
Read More

英語を学んでいる以上、英語圏の国に

Read More

ニュージーランドのチャイルドケア

Read More
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Facebook Page
Little Lorikeets Instagram
Little Lorikeets Instagram