Cameron Hill  キャメロン ヒル

キャメロン・ヒルです。ニュージーランド出身のオーストラリア人です。

日本に住んでもうすぐ11年になります。

外国語を習うには早ければ早いほうがいいと、その大切さを強く感じます。私自身が日本に来た当初、単語一つさえ話せませんでした。でも、時が経つにつれ、今ではほぼ流暢に話せるまでになりました。もっともっと早くに日本語を習い始めておけばよかったと、本当に後悔しています。大人になってから外国語を習うことになったからこそ、何が効果的で何がそうでないかを知ることができ、それが当スクールで子どもたちを教える上での原点にもなっています。


日本に来るまでは、ニュージーランドとオーストラリアで鍼灸法を学び、鍼灸師として働いていました。鍼灸法も、今の講師としての自分に役立っています。


日本ではこれまで小学校、幼稚園、保育園、そして宝塚のインターナショナル幼稚園で勤務した経験があります。
神戸の私立幼稚園でも8年間働いていたのですが、そこで英語を楽しく教えることや、子どもたちから反応を引き出す大切さなどを身につけることができました。

このような経験から、子どもたちを教える上での独自のメソッドを確立しました。

現在は、リトルロリキートの他にも、さつき保育園、秦野保育園、ウッディートーマスでレッスンを行っています。


My Name is Cameron Hill and i am a New Zealand born Australian.

I have been living in Japan for close to 11 years now.

I understand the importance of learning another language as early as possible, because when I came to Japan I couldn't speak a word of Japanese but over the years I have developed my Japanese to a semi-proficient level. I truly regret not learning Japanese much much earlier. Because of having to learn another language as an adult I found what works and what doesn't and this is the way I teach English to the children in my school.

I studied acupuncture in New Zealand and Australia an practiced before coming to Japan, Acupuncture also helped me become the teacher I am.

In Japan I have worked in Primary schools, Kindergartens, Nurseries (day care centers) and an International Kindergarten in Takarazuka.

I worked in private kindergartens in Kobe for 8 years in a company called easy123, where I learnt about making English entertaining

and learnt the importance of drawing responses out of the kids.

Through all of this I have developed my methodology on how to teach Children.

Right now along with Little Lorikeets I teach at Satsuki and Hatano nurseries and we have lessons at Woody Thomas.

 

 

Colin Gerrard コリン ジェラード

コリン ジェラードです。イギリスのベッドフォード出身です。ウィンチェスター大学で演劇を学びました。日本(大阪)に住んで9年になります。これまで英語講師として日本の企業で働いていて、直近では、セイハ英語学院とペッピーキッズに勤務していました。インターナショナル保育園で働いた経験もあります。


教えることは楽しかったのですが、自分が教える子どもたちに特定のレベルを期待するようになりました。今までの勤務先からリトルロリキートに転職した理由の一つが、ここに通う子どもたちの英語のレベルの高さに驚かされたことです。初出勤の日、とても恥ずかしい思いをしたのですが、子どもたちにかなりゆっくり話しかけた途端、自分がすごくアホなことに気付かされました。その場にいた子どもたち全員(私が話しかけていた3歳の子も含め)、自然な速さで上手に英語を話していたのです。


リトルロリキートのメソッドの背景にある考え方は確実に良い効果を生み出していて、この結果という点において、私が今までみてきた他校とは決定的に違うと実感しています。


yaargh! My name is Colin Gerrard.  I am from Bedford,  England.  I studied drama and theatre studies at Winchester University and have lived and worked in Osaka,  Japan for close to 9 years.   I have worked for a few different Japanese companies as an English teacher,  most recently Seiha and Peppy kids and have also worked at an international daycare too.   Alhough I enjoyed teaching at both, I quickly came to expect a certain level of English from the kids that I was teaching and one of the reasons I decided to change companies and work at Little Lorikeets was because of how surprised I was at the level of English here.   I was embarrassed after my first day where I started speaking very slowly to the kids and quickly realised I looked stupid,  everyone else (including the three year old I was talking too)  spoke very well at a natural pace.   I realised that the thinking behind little lorikeets teaching methodology certainly produced a more positive affect which set them apart from the other companies I had seen, in terms of results.

 

Yoko Hill